2018-11-15

新日本髪 カジュアル編

ビューティーコラムをご覧の皆さんこんにちは♪

 

葉山店スタイリストのSatomiです。

 

ビューティーコラムを始めてから、美容について勉強する機会が増えた気がしております。

良い傾向ですね。

 

11月は七五三シーズンなので今の気分は七五三です。

 

何度か七五三について書きたいと思います。

 

最近日本髪の様なヘアスタイルご希望のお客様が増えております。

 

そもそも、日本髪、新日本髪とは?

 

違いが何か分からない。。勉強不足です。

 

日本髪とは? 調べてみました。

 

昔ながらのやり方で結い上げる日本髪のことだそうです。

 

しかし今現在日本髪を結うことが出来る人は数人しかいないでしょう。

 

私も美容師ですが、結うことは出来ませんし、私の周りで結うことが出来る人もいません。

 

昔ながらのやり方とは、「鬢付け油」を髪につけ、数種類もの「櫛」で毛流れを整え、「元結」で髪を束ね、「紺紙」で止めていく方法です。

 

使う道具すら、今ではほとんど聞いたことがないようなものですよね。

 

1度結えば、しばらくそのままでいられますが、結う時間もかなりかかり、自分で外すのはとても困難な様です。

 

新日本髪とは?

 

日本髪を結いやすくアレンジしたもののことです。

 

これは、結える美容師も多いのではないかと思いますので、七五三で日本髪を結いたいと思ったらこちらになるのではないかと思います。

 

鬢付け油の代わりにワックスやスプレーを、櫛の代わりにブラシやコームを、元結の代わりにヘアゴムを、紺紙の代わりにヘアピンを使います。

 

日本髪のように長い時間そのままきれいな状態を保てるわけではありませんが、自分で外すことも出来ますので便利ではあります。

 

結う時間も日本髪よりかかりませんので、お子さんたちが飽きる前に終わるのも魅力的です。

 

髪型の決め方は?

 

日本髪も、新日本髪も、やり方は違いますが最終的に目指す髪型は同じです。

 

「鬢(びん)」と呼ばれるサイドの髪の毛の部分と、「前髪」と、「髱(たぼ、つと)」と呼ばれる襟足の部分と、「髷(まげ)」と呼ばれるトップの部分で構成されていて、トップの結い方の違いで呼び方が違うスタイルが何種類もあります。

 

前髪をどの様にしたいかで、髪型が変わります。

 

下すのなら長さはあまり関係ありませんが、上げたいなら鼻から顎ぐらいまでの長さはあったほうがいいです。出来ればすいたりもしない方がボリューミーに仕上がりきれいです。

 

次は髷の型ですが、これはお好みになりますが、「高島田」や「桃割れ」というスタイルがよく使われます。

 

髪の毛の長さは、肩下10センチあれば上げることが出来そうです。

 

あまり軽さが入っていない方が綺麗に上がります。

 

スタイルが同じでも、髪飾りで雰囲気は全く違ったものになりますので、是非いろいろ見て探して、一生に一度の記念を可愛く残してあげて下さい。

 

最近アレンジさせて頂いたお客様です

↓↓↓

SATOMI
Top StylistBalcony Hayama / 葉山店SATOMI  satomi  

tricca Balconyの女性トップスタイリストとして、ライフスタイルに合わせた、女性ならではの視点から作り出すヘアスタイルは、ナチュラルヘアからアレンジスタイルまで1つのヘアスタイルから色んなパターンを提案します。

INFORMATION
  • INFORMATION 2019.04.27

    【葉山店】営業時間変更のお知らせ

    ≪葉山店営業時間変更のお知らせ≫ 謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます 日頃は格別のご愛顧を賜り ありがたく厚くお

  • INFORMATION 2019.04.21

    スタイリスト吉田葉山出勤変更のお知らせ

    いつも、triccaをご愛顧頂きまして、誠にありがとうございます。 この度、葉山店スタイリスト吉田直人が、5月より銀座店勤務で

  • INFORMATION 2019.04.17

    発売中のSTORY5月号に掲載されました!

    現在発売中のSTORY5月号に tricca daikanyamaより トップスタイリスト / 小走祥菜 カラーディレクタ

© tricca all rights reserved.