2018-11-15

ホームカラーってなぜ傷む??(白髪染め)

『ホームカラーってなぜ傷む??(白髪染め)』

みなさんこんにちは、代官山店小田です。

この秋一番の寒さになった、東京の空。

近くの目黒川の桜の木も、赤く染まり、

春とは違う表情が、とても綺麗ですよ😉

さて、今回のお題でもあります、

「ホームカラーってなぜ傷む??」ですが

ここに触れたいと思います。

白髪染めの種類ですが、

大きく3つ。(簡単に)

ヘアカラー・ヘアマニキュア・植物性カラー(ヘナ)

今回は、ほとんどのお客様が使用している

ヘアカラー、酸化染毛剤について。

最近だと、ホームカラーでは

簡単に染められる!

ということで、泡のものや、スポイトを使って染めるものなど沢山

発売されてますよね。

根元の白髪が生えてきた部分は

しっかり染めたいし、生えてきたばかりの髪なので

少しカラー剤が浸透するパワーがないと

染まりません。

しかし、前回染めて、すでに染まっている部分に

根元と同じパワーのカラーは必要ないですよね?

やはり単純に考えても、

毛先まで、根元と同じカラー剤で染めるのは

髪が傷みます。

なので、泡カラーは特に、毛先まで泡で包んでしまうと

傷みます。

簡単に染まる・・・けど傷む・・・とは書いてないですよね・・

使い方次第では、本当に簡単で良い商品なのですが。

トリッカ では、

髪の負担を最小限に染めるよう

根元と毛先のカラー剤を分けてカラーしています。

ここでカラーの紹介。

こちらの写真は、1剤の写真。

 

アルカリ剤は、根元の白髪を染める時によく使用するもの、

赤丸で囲った「ノンアルカリ剤」は、アミノ酸系のカラーなので、

白髪を染める力はないが、色味を補給でき、さらにダメージが「0」ゼロなので

毛先に塗布します。

そして、1剤に、ミックスする2剤のパワーが%で分けられています。

6%は、白髪を染めたり、明るくしたりする時によく使用します。

そして、赤丸で囲った「3%」は、髪のダメージにもつながる

アルカリをカットして、髪への負担を軽減してくれる優れもの。

この2剤のコントールがとても重要になります。

まずは、ホームカラーをする前に

プロのにカウンセリングしてもらい、

髪質に合った、カラー剤の選択をして、

上手にホームカラーを利用することをお勧めします!!

ぜひ、ご相談を!!

小田尚也
Color DirectorDaikanyama / 代官山店小田  尚也ODA  NAOYA

『ヘアカラーの専門家』としてサロンのヘアカラーを統括する。 長いキャリアと高度なヘアカラーテクニックで、どんなカラートラブルも改善へと導きます。 雑誌撮影を始め、カラー剤の開発協力、国内外でヘアカラー講師としても活躍中。 ヘアカラーとは『彩エンス』、人を彩る化学です。

INFORMATION
  • 銀座店 NEW OPEN 2019.03.14

    銀座店のご予約は現在代官山にて承っております。☎︎03-5784-2557

    平素よりトリッカ にご来店いただき誠に有難うございます。 3/28オープンを控えます、銀座店のご予約についてのお知らせです。 現

  • INFORMATION 2019.03.11

    期間限定でエナジードリンクプレゼント!

    皆様こんにちは。 いよいよ春!そして花粉の季節がやってきました。 花粉症の方には本当に辛いシーズンで、私も毎日薬を飲んでます。

  • 銀座店 NEW OPEN 2019.03.10

    銀座店の近況報告 内装も完成間近!

    いよいよtricca ginza 3/28(THU)にOPENいたします! 先日、ビルの外観が終わり、昨日、内装ができてきて、凄くいい

© tricca all rights reserved.